洋式トイレ

トイレトラブルの歴史

トイレトラブルの歴史についてはあまり知られていません。トイレトラブルの歴史は意外と新しいのです。戦後間もないころから、この国のトイレは和式トイレが主流でした。下水道は発達していたものの水洗トイレの普及はまだされておらず、汲み取り式が主流だったのです。 高度成長期あたらから徐々に水洗トイレを設置する家が増えてきました。ただ、和式トイレが主流でしたのでトイレトラブルはそれほどありませんでした。トイレトラブルが本格的に増えてきたのはそれからしばらくして洋式トイレが増えてきてからです。 給水管やタンクのつまり、配水管のつまりなどが増えていきます。トイレの仕組みが複雑になることでトラブルに対する修理も高度になり専門的な業者が徐々に増えてきたのです。

トイレのトラブルの今度の動向

このようにトイレトラブルはトイレ自体の作りが高度になるにつれてトラブル解決ももはや素人では難しく、つまりなどの簡単に解決できるものを除けばプロに任せるのことで安心ができます。 では、今後、トイレのトラブルはどのように変わっていくでしょうか。トイレのトラブルを読み解くには、トイレの今後の進化について知っておく必要があります。 現状では、尿検査ができるトイレやスマートフォンで動かすことができるトイレがあります。これだけでも驚きですが、さらに無水トイレができるようになると言われています。無水トイレはし尿に含まれるリンを回収するために下水道に水と共に流すのではなく貴重なリンを回収する目的があります。 そうなると、少なくとも水のトラブルは減っていき、デジタルな部分でのトラブルが増えていくと予想ができます。