トラブルに備える

作業する前に準備すること

多くの家庭で起こるトラブルとしてトイレのつまりがあります。トイレのつまりは、作業前にトイレのタンクに付いている給水管の止水栓を止めます。止水栓を閉めずに作業すると、タンクから水が流れて溢れてしまうからです。便器内の水位が上がって溢れそうになっている場合は、灯油ポンプ等で便器の半分以下程度になるまで水を吸い上げてから作業を行いましょう。便器内に掴んで取れそうなトイレットペーパーや異物がある場合は、先に取り除いておきます。便器内の汚物の飛び散りを防ぐ為、穴を開けたビニール袋を便器にかぶせます。水が入ったバケツと空のバケツ、ラバーカップ(スッポン)火ばさみ等を事前に用意します。ラバーカップはホームセンター等で販売されています。

ラバーカップで解消する方法

トイレつまりはラバーカップを使用して解決する場合が多いので、コツや注意点等を見ていきましょう。便器の排水口に隙間がないようにラバーカップを密着させてゆっくりと押して下さい。押せなくなるまで押したら、今度は勢いよく引いて下さい。ゆっくり押して勢いよく引く作業を繰り返します。ラバーカップを密着させた状態を保ちながら、ゆっくりと押すのがコツです。この作業を繰り返して便器内の水が引いて流れたら、バケツの水を勢いよく便器内の排水口に向かって流します。バケツの水が流れていくようならトイレつまりは解消されています。詰まりが取れていない状態の時に水洗レバーでトイレのタンクの水を流すと、便器内の汚れた水が逆流し再び溜まってしまう可能性があるので気を付けて下さい。この作業でトイレつまりが解消しない場合は、修理業者に連絡して見ましょう。排水管や異物により起こるトイレつまりは、個人で出来る対応には限界があります。日頃からトイレつまりの原因となるティシュペーパーやペットのトイレの砂等は流さないように気を付けましょう。