交換と修理

ガラス修理の機能性とは

ガラス修理では、単に同じ種類のガラスを交換するのではなく、機能性あるガラスへの交換が行われています。現在では、ペアガラスや真空ガラスと呼ばれる2重ガラスが主流でもあり、断熱性や防音性に優れたガラスが登場しています。今あるサッシをそのまま利用する交換も可能であるため、見た目も使い勝手も一切変わらな交換となります。機能性あるガラスには、他にも日差しや紫外線対策、外部からの視線遮断なども存在します。ガラス修理を機に機能性あるガラスへ交換する事は、快適な生活を送る為の目的が数多く含まれているものとなっています。

ガラス交換以外の機能性追求

ガラス修理における機能性の追求は、ガラス単体の交換だけではありません。リフォームする事によっても機能性を求める事が可能となります。しかし、リフォームとなると工事によって大きな費用が発生してしまうものです。 現在、リフォームの一環として内窓と呼ばれる既存サッシに新しいサッシを取り付ける取り組みが行われています。ガラスが割れて修理するという意味では適さないものとなりますが、機能性を追求するという意味では大きな効果を発揮するものです。断熱性や防音効果は、先ほどの機能性ガラス交換同様、もしくはそれ以上の効果に期待できるものです。結露で悩みを持つ方にとって結露防止にも期待が持てるリフォームであり、かつ施工費用が極力抑えられるものともなっています。内窓では、機能性に加えインテリアに併せたコーディネートも可能である為、より優れたガラス修理となります。